Fly Me to the Moon

そう、あたしはいつだって、どんなときだって、"あなた"の傍に。

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫌いになったわけじゃない。
「好き」の形が変わっただけ。
でも「好き」に変わりはなくて、
傍に居たいと願うあたしはどうしようもなく、我儘ね。
ありがとう。

ありがとう。

ありがとう。



寂しさとかしか知らなかったあたしに、愛を教えてくれた。

愛してくれた。

見返りなんかなかったのに。

それでもあたしを選んで、愛してくれた。

きっと、きっと、

あたしじゃなくても貴方に相応しい人、たくさん居たはずなのにね、

ありがとう。

あたしを選んでくれたこと、嬉しかった。

さよなら、決めたのは二人で決めたことだけれど、

やっぱり寂しいのは本当。

もう、あの居心地のいい場所に居る事は出来ないんだって思うと、

少し寂しい。

でも、決めたことだから。

ありがとう。

大好き。

場所は変わるけどそれでも、傍に居たいと願った。

我儘でごめんね。

あたしの我儘、最後まで聞いてくれてありがとう。

大好き、大好き、大好き、、

だからね、貴方も必ず貴方だけの倖せを見つけて。

あたしもきっと、見つけるから。

また笑顔で、話をしよう。

場所が変わってもあたし達はあたし達。

そうやって、割り切れたならきっと倖せ。

ごめんね、本当にありがとう。

















大好きな貴方へ。
スポンサーサイト

テーマ:僕の涙を君は知らなくていいから。 - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eternallyregret.blog113.fc2.com/tb.php/8-6c70c1af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。