Fly Me to the Moon

そう、あたしはいつだって、どんなときだって、"あなた"の傍に。

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見えないだけなのか、
それとも、見ようとしていないのか、
否、見つからないのかもしれない、、
我儘なのかもしれなくて、
それでも自分を抑えることなんて出来なくて、
ただただ、涙が溢れそうなのは、
今日ばかりは自分の為なんかじゃない。
誰かのために泣くだなんて、
そんなこと言えるほどあたしは偉くはないし、
それに綺麗じゃない。

それでも、何もせずにいられなかったのは
きっと、あたしのエゴでしかなくて、
重荷になって、君を潰してしまうかもしれなかったのに、、
それでも君が好きだから、
それでも君が愛しいから、
そんなことを言って気持ちを押し付けるなんて最低かもしれない。
だけど、
傍に居たい気持ちも、
微笑っていてほしい気持ちも、
一つだって嘘や偽りさえなくて、
上手く伝える事ができない自分に苛立つ。

見えなくて、
怖くなった、
君が何処か遠くへ行ってしまう気がして、

「傍に居て」

そんなのただの我儘で、
あたしの気持ち押し付けてるだけだ、
分かってても
言ってしまうのは、
あたしのエゴ。

繰り返す。
何度も何度も過ちばかり、
気付かずに、
傷つけて、
傷つけられて、
壊れてく。

何が間違っているのかさえ、
気づく事は数年、もしくは十数年先の話で、
途方に暮れる。
怖いとさえ思う。
君を想うことは、
罪なのでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ:届くことなき想いを胸に。 - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eternallyregret.blog113.fc2.com/tb.php/5-4e2533a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。