Fly Me to the Moon

そう、あたしはいつだって、どんなときだって、"あなた"の傍に。

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも遠く輝いて 星くずをちりばめた 夜空のように

憧れはいつも遠く輝いて

背伸びしてつかもうとしても届かない

切なさが胸を締めつける

言葉ではつくせないもどかしさ

心の痛みも少し知ったよ

けれどお願い どんな切なさも

独り占めにしないで

たとえ壊れた夢のかけらでも

ひそやかな夜空の星屑のように

心の奥にちりばめて

きっと 生きていけるからね



瑠璃色に映し出すガラスのように

憧れはいつもそばでゆれていて

背伸びしてつかもうとしても遠ざかる

哀しみに胸が痛くなる

瞳からあふれ出た一粒の

涙のぬくもり少し知ったよ

けれどお願い どんな哀しみも

はばたきをとめないで

いつか陰りの消えた大空を

一筋の軌跡を描いてきらめく

飛行機雲のようにまっすぐ

きっと生きていけるからね




作詞:西世紀さん
作曲:加賀清孝さん




「憧れはいつも」という歌です。
うちの中学校で歌った合唱曲。
あたしはこれが大好きです。
ところどころ違うかもですが。(ダメじゃないですか)
何だか、とても温かい歌でして。
とてもとても好きなのですよー。
共感を覚えていただければ何より。
そんな感じでお届けしましたー。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eternallyregret.blog113.fc2.com/tb.php/45-683784d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。