Fly Me to the Moon

そう、あたしはいつだって、どんなときだって、"あなた"の傍に。

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それは本当に、刹那的で、
必然と言っていいのかも分からないほど優しい偶然で、
ただ、ただ、僕は、キミを愛しいと思ったのです。
何も要らないから、
最初から、僕は何も持っていなかったのだから、
もうこれ以上、失くす物なんてないって思ってた。
だけど、違った。
だって、実際僕の周りにはもう、
大切な人がたくさん居て、
それはもうどうしようもなく愛しくて、
失えない。

生きていくうえで、決して失わない物なんて何もない。
それは、プライドかもしれないし、もしかしたら大切な何か。
愛すことは誰にでも出来る事で、
だけれど失うことは、やってくることで、、

自身にはどうしようもなくて、
それでもその運命に逆らって、足掻こうとするのは、
紛れもなく僕が、キミを愛しているという事実。
スポンサーサイト

テーマ:届くことなき想いを胸に。 - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eternallyregret.blog113.fc2.com/tb.php/4-e800b53e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。