Fly Me to the Moon

そう、あたしはいつだって、どんなときだって、"あなた"の傍に。

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君の声も聞こえないくらいに壊れてしまったら、
もう何も、怖いものなんてないのかな? ゆめを見た こわい夢を
(遠ざかる背中)に凍えた...
在るはずのその温度をもう一度って
探してた

むき出しの独りの夜
逃げる場所も何もなくて
嗚呼、何時か戸惑いながら
自分を攻めてた

だから傍にいて
ずっとだと言って
悪魔の声を掻き消すまで
失わぬようにそっと確かめる。
大切な記憶は 過ちになっても
ねぇ、なぜか
美しいだけ

青い蝶ー
お気に入りの髪留めを、うなじに飾って
風に舞う 君はそれを
「標本みたい。」って笑った

呑まれてく光の渦
だけど とても易し過ぎて
引き金を引ける準備を
私は、していた...

だから傍にいて
ちゃんと触れていて
私が指に溶け出すほど
息の音を止める、そんな快楽で
かわいた約束は
ケロイドを残して
こんなに愛おしいだけ

いつかその全てが
過ちになっても構わない
愛に冒して...




【アントワネットブルー/北出菜奈】
スポンサーサイト

テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eternallyregret.blog113.fc2.com/tb.php/25-c236794f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。